ミクローシュ・フェヘル選手

前に書いた、ミクローシュ・フェヘル選手急死の件について、続報…。

- フェヘルは自然死 海外サッカー短信 -
サッカー、ポルトガル1部リーグの1月の試合中に倒れて急死したベンフィカのハンガリー代表FWミクローシュ・フェヘルの死因が禁止薬物によるものではなく自然死であることが明らかになった。14日付の同国スポーツ紙が司法当局の検査結果として報じた。
 フェヘルは搬送先の病院で死亡した。司法当局によると、血液検査の結果、アルコール、ステロイドなどの反応は示さなかったという。(リスボンAP=共同)

また試合中に急死

サッカー・ポルトガルリーグで選手急死
サッカーのポルトガルリーグで25日、強豪ベンフィカのハンガリー代表FW、ミクローシュ・フェヘル選手(24)が試合中に倒れ、急死した。 後半15分に交代出場し、チームが1―0とリードしたロスタイムにピッチに倒れ、競技場近くの病院に運ばれた後に死亡が確認された。病院関係者は心臓発作が原因との見方をしているという。

また、選手が試合中に心臓発作で死亡する、悲しい事件が起きてしまった。
コンフェデのカメルーン代表フォエ選手を思い出します。
こんな事は二度と起きて欲しくないものです。
なにはともあれ、ご冥福をお祈りします…。