日本U-23 vs ギリシャU-23

日本U-23オリンピック代表と、ギリシャU-23オリンピック代表の親善試合が行われ、残念ながら後半のロスタイムにギリシャに追いつかれ、1-1の引き分けという結果になりました。

日本は前半21分に、石川のパスカットから、前線の平山にボールを当て、平山は自分を追い越し右を駆け上がる田中の前に浮き球のスルーパスを出す。田中はそのまま相手DFを置き去りにし、トップスピードのままワントラップしてシュート!ボールは、GKの手を弾いて日本先制!!

まさにポスト役と、足の速いFWの理想的な連携です。平山と田中&大久保は何度もこの形を狙っていたので、まずは成功といったところでしょうか。特に平山と田中のコンビは、予選の時も含め、いい連携を作れているようです。ちょっと大久保は、サイドに出たり下がってボールを受けることが多かったので、ポストの平山との絡みも少なく、田中より目立たなかったのが残念かな。

あと、ラモスも再三言ってましたが、日本は現地スタジアムのピッチの状況に慣れず、ボールの転がりが予想よりショートになってしまい、何度かパス回しがカットされる場面がありました。「これがギリシャのスタンダードだ」という現地スタッフのコメントが紹介されていましたが、それが本当なら、それを肌で感じられた事は大きな収穫かもしれません。本番のオリンピックでもこの状態ならですが…(^_^;

後半、鈴木から森崎(和幸)に、3トップを止めてトップ下に松井を投入したのですが、どうも中盤での支配率が下がってしまい、日本はあまりいいチャンスを作れなかったようです。ま、本番を見据えたテストマッチなので、多くの選手を使いたかったのでしょうが、替えた選手が活躍してくれず、ちょっと課題が残りました。

鈴木啓太、ガッツーゾが好きだなんて、個人的にGood!でしたヽ(^。^)丿

それにしても、最後ロスタイム中にギリシャに追いつかれてしまったのは残念でしたよぉ。ロスタイムに入って、両チームの選手とも足が止まり、「ギリシャの選手は諦めたっぽいぞ」と思ったんですが、その直後、相手のなんでもないアーリークロスをクリアしたつもりが、ちょろっ…(−−; ちょろったボールが偶然フリーなFWに渡ってしまい、そのままゴールを決められてしまいました( ; 。; ) ちょっと残念な失点シーンでした…。 でも、これが本番じゃ無くて良かったですよ。本番だったら発狂しちゃってますね、はいヽ(`_´)丿

そして、テレ東。試合終了前に番組終わらせるとはゆるせん!以前、CLの試合を最後まで放送できなかった(たしか)TBSが、明け方近い時間帯にも関わらず、非難囂々だったのを忘れたのかぁぁぁ。といってみるテスツ。

日本vsUAE::オリンピック予選

だいぶ日にちがたってしまいましたが、いちおう感想をメモ。
結果は、3-0の大勝で日本が勝ち、また同時進行で行われていたバーレーンvsレバノン戦が引き分けた事もあり、山本日本はこのグループ単独首位となり、見事アテネオリンピック代表権を奪取しました。おめでとう、そしてお疲れさまでした m(_ _)m >選手&スタッフ&サポーターなどなど。


さて、この試合では2つの驚きがありました。
一つは、今大会初の3トップ。これは、先に先制点を奪い、勝ち点同点で並ぶバーレーンにプレッシャーを与えるのが狙いだった模様。結果この狙いは見事実現し、さらに3点も取ることが出来、試合を決定付けさせました。
もう一つは、最後まで交代カードを使わなかった事。これについては賛否両論あるところですが、試合の流れから交代させづらかった事もあるだろうし、下手に守備的なカードを切り、バーレーンの途中経過を選手達に意識させたくなかったのかもしれません。個人的には、3-0とほぼ試合が決まり(UAEのマタルも消えたし)、バーレーンが1-1とレバノンに追いつかれた時点で、FWの選手(特にお腹を押さえていた田中選手)を一人減らし、中盤の選手に交代しないのかなぁと思っていました。その影響か、田中選手は週末のJリーグの試合を休んでいますね。ま、次戦が無い最終戦だったから休ませる交代をしなかったのでしょうかねぇ。


とにもかくにも、選手、関係者の皆様、そしてサポーターの皆さんもおつかれさまでした。

予選最終戦ほんと直前::オリンピック代表

スタメンが発表されたと、テレ朝。
(でも視聴は当然BS)


GK:林
DF:茂庭、阿部、那須
MF:徳永、今野、鈴木、森崎
FW:田中、平山、大久保


3トップ キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!
ほんとか?


東京も今日サクラの開花宣言がされました。まさにサクラサク!


バモ ニッポン!ヽ(^。^)丿

予選最終戦直前::オリンピック代表

U-23オリンピック代表、アジア最終予選Bグループの最終戦が始まろうとしています。参加4ヶ国中、最終予選をトップ通過しオリンピックへの切符を獲得できる国が、ここ最終戦においても3ヶ国に可能性があるという、しびれる状態。もちろん我が日本がトップ通過出来る物と固く信じています。


最終戦の日本のスタメンをガラにもなく予想してみたり。
GK:林
DF:茂庭(徳永)、阿部、那須
MF:徳永(石川)、今野、鈴木、森崎、前田(松井)
FW:平山(高松)、大久保(田中)


ここまで日本は他国に比べ、旨く選手達のターンオーバーを築けているようにみえます。
日本に大量の得失点差をつけ勝たなければ予選通過の可能性が無いUAEは、前半から前がかりに攻め、先制点を狙ってくることでしょう。日本ラウンドに来て、まったく良いところのないUAE攻撃陣。特にワールドユースMVPでUAEの攻撃の中心10番のマタルは、ここまで敵の執拗なマークに合い、思ったような仕事が出来ず、下がってボールを貰うシーンが目立ち、ゴール前よりも監督の意図しないパサー役になってしまっています。またUAEはサイドからのアーリーを含めたクロスが目立っています。これらの事を考えると、日本は2ボランチ。右サイドには攻撃的な石川ではなく、守備的な徳永を使ってくることでしょう。好み的にはスタメンから石川を使って欲しいところですが、前半はUAEの攻撃を封じることがキモです。たぶんモチベーションの低いUAEの選手達、先制点が決められずに後半に移れば、ガクッと足も止まってくることでしょう。もちろん日本が先制点を決められれば言うことないですし、たぶん多少守備的な布陣であっても、前がかりなUAEから先制点を取ることは難しい事ではないように感じます。そして、後半足の止まったUAEに対して、攻撃のカードを切り、得点を取りたいところです。


さて、気になる、バーレーンvsレバノン。
「もしかしたらレバノンが、同じ中東国のバーレーンを助けて、ワザと大量失点で負けるのではないか?」という憶測も流れているようです。しかし私はそれは無いと思います。両国の政治的な背景は知りません。が、そんな事をしても両国のサッカー界、そして選手達にはデメリットさえあれメリットは無いでしょう。そんなことをしたらレバノンのサッカーは終わってしまいます。当然、両国とも真剣勝負で挑み、好勝負を演じてくれるハズです。そして、そんな彼らにも是非拍手を送りたいと思っています。


試合開始まで、3時間を切りました。
試合が終わり、最高の気分になっているか、想像したくない結果に終わっているか、それを考えるとドキドキしてきます。ブラウン管越しの応援になってしまいますが、精一杯念を送り、日本の勝利、そして予選通過を願いたいと思います。

バモ ニッポン!ヽ(^。^)丿

日本vsレバノン::オリンピック予選

2-1。ふぅ、なんとか勝ったぁぁぁ(==;)
阿部フリーキック見事。クリアを空振りしてレバノンの得点。やはりレバノンのアトウィただ者ではない。しか〜し、直後の前田クロスからの大久保のヘッド(≧∇≦)b 日本が意気消沈しそうな雰囲気のところ、そうはさせじと最高のタイミングでの得点です。今日の大久保は走りまくり、チームの犠牲となる動きも多く、個人的にこの試合のMVPです。
さて、これでオリンピック予選の最終結果は最終戦に持ち越されました。
別会場でのバーレーンの試合経過をみながら、なんて悠長な事は言ってられません。勝ち点が並んでいるバーレーンが、ビリのレバノンから何点得点差をつけて勝つか?(まさかレバノン、ワザとXXしたりしないよね?)UAEだって、可能性は0ではありません。細かく考え、勝ち点&得失点差を計算してモヤモヤするのは止めて、1点でも多く得点を取ってUAEに快勝すればいいのです。

迷わず行けよ、行けばわかるさ!

バモ ニッポン!ヽ(^。^)丿